Tinypath〜日々書き綴る

Home / Top / How to / Admin

一足先にクリスマスマーケットを楽しんだ

15日の土曜日、西梅田のクリスマスマーケットに出かけた。

去年は、クリスマスイブだったので、
歩くことさえも困難なほどであったが、
そこそこの混雑ぶりは、賑やかさがほどよく感じられた。

入り口には、木製のメリーゴーランド。
子ども達が楽しく乗っている姿。
その横では、大道芸人がパフォーマンスを披露するおなじみの光景。

今年のグリューワインは、どんなカップで頂けるのだろう。
毎年違うデザインのカップを楽しみに飲むが、
もう、来年あたりからは、集めたカップを持参してと思ったりする。

暖かいワインと
つまみは何にしようか。
なんだか、今年は、プリッツエルを食べたくなった。
立ち飲みのテーブルを見つけ、
そこに行くと、1人外国の人がいた。

きっと、言葉が通じなくって、手持ちぶたさなのだろうな。
スマホを片手にポテトスープを飲んでいた。

相方に話しかけるようお願いしてもらうと、
彼は、ドイツ人であった。

恒例の大阪ドイツクリスマスマーケットにようこそ!だ。

そこへ若い女性とちょっと年配の相方もやってきて、
私たちが話をすると、
若い彼女が加わってきた。

彼女は、ドイツ語を専攻していたらしく、
ドイツからやってきた彼に話しかける。
忘れながらもポツポツと語ってくれるのは、本当に楽しいし有難い。

気負わず、間違っても良いじゃないか。

ドイツからの彼は、19歳でワーキングホリデーでやってきたらしい。
ほんのささやかな会話だったが、
クリスマスというだけで、暖かい気持ちで
語り合える喜びを思った。

その後、軽く一杯と思い、
初めての店に入る。
がやがやした横丁なのに静かなワインバーが一軒。

シャンパンとシェリー酒。それにワイン。
突き出しがオリーブの実というのも粋な気がした。

楽しい夜である。
このまま、クリスマス気分でもう少し楽しもうじゃないか。
大阪城公園で、途中下車し
夜の公園を楽しんだ。
ライトアップされた大阪城は、抜群に美しく、
ナイトピクニックと浮かれ調子になった。

寒い夜だが、
走る人。
ナイトツアーでやってくる人
ライトアップの催しを見に来る人。
それぞれが楽しんでいる。

公園を外側からライトアップしてくれるビル群も本当に美しく
都市ならではの光景

さて、明日から新しい仕事。
好きな作業として決めた仕事である。
がんばるしかない! 私の大切な人生の時間。


... 2018 / 12 / 18 (TUE)


[back]