Tinypath〜日々書き綴る

Home / Top / How to / Admin

三匹のこぶたの真実

「三匹のこぶた」という話がある。
とても有名なお話だが、
この話は、どんな風に聞かされたのか。

先日から英語で書かれた平易な絵本を読んでる。

まず、ネットで
絵本とそれに朗読もついたサイトを見つけて聞いてみることにした。

その中に「三匹のこぶた」があった。

三兄弟のこぶた。
それぞれが、家を建てることになった。
長男は、藁で造った家
次男は、木で造った家
末っ子は、レンガブロックで造った家。

しかし、それからの解釈が
私の知っているストーリーと違っていて、
一瞬、自分の記憶の勘違いなのかと思うほどだった。

私の知っているストーリーは

早々と家を造った長男は、末っ子のことなど馬鹿にしていた。
しかし、狼がやって来て、
長男の家を一吹きで、ふっ飛ばし、
あわてて長男は、次男坊の家に助けを求めに来た。

そこにまた狼がやって来て、
次男坊の家を二吹きで、フッ飛ばした。

長男、次男は、レンガのお家を造った末っ子に助けを求めた。
三匹が身を潜めているレンガのお家を
狼が壊そうと何度も何度も吹いてみるが、一向に壊れない。

そこで、狼は、三匹を食べようと煙突から入ろうとした。

それを知った三匹は、暖炉を燃やし、狼は大火傷をして退散。
馬鹿にされていた末っ子が
一番偉かったという話であった。

ネットの英語の絵本の三匹のこぶたは、
長男の家は、吹き飛ばされ、食べられ
次男の家も、吹き飛ばされ、食べられ、
末っ子は、狼と色々やり取りしながら、
すべて狼よりも賢いやり方で食べ物などを得た後、
火を燃やし、お湯をたくさん沸かし、煙突から入る狼を待ち伏せ。
狼は、たぎるお湯で大火傷をしたという話で終わった。

そして、実際、英語の絵本を手にして
それを読んでいくと、
殆ど、ネットの英語版と一緒であったが、
最後の結末は、
末っ子のこぶたは、
沸かしたお湯の中に落ちた狼を食べてしまったという結末で終わっていた。

どんどん、皆食べられ、残ったのは末っ子のこぶただけであり、
私の知っていた兄弟仲良く狼をやっつけたというものとは
全く違ったストーリー展開で、本当に驚いた。

きっと、原作の残酷さが、
日本の文化、考え方、教育に不向きだと変えられたのだろう。

容赦ない現実よりも
仲良く助け合いしましょう。それに加えて
末っ子を通して
勤勉、勤労というものを子ども達へ教育したかったのだろう。

いつの頃に、この本が日本へ入ってきたかわからないが、
古い年代にこの物語を知ったものは、
ネットの英語絵本の解釈と同じだと聞いた。

しかし、思うに
戦国時代であったならば、
原作どおり、食うか食われるか。
そのままの解釈で日本に普及されたのでは?と思ってみたりする。

さて、平成の今は、
私が知っているストーリー展開らしい


... 2018 / 09 / 16 (SUN)


[back]