Tinypath〜日々書き綴る

Home / Top / How to / Admin

バナナを引き寄せる

「科学で解明。引き寄せ実験集」
この本では、
まず、実験として
バナナを引き寄せる実験をするようになっていた。

顕在意識、潜在意識
その割合は、1対9
ありったけの潜在意識を利用して、無意識レベルまでに
引き寄せるには、
まず、リラックスした状態でやらなければならない。

仮に何か素敵なことを引き寄せようとして
考え始めるとわくわく感で一杯になるが、
それは決してリラックスモードではなく、
興奮状態でのもので、何ら潜在意識まで落とし込むことは出来ない。

深呼吸をするというのは、
一番簡単な方法で、リラックスできること。
何故なら、息をするという行為は
お金もかからず、そしてこれ以上
生きてる人間にとって、無意識なものはない。

話は脱線するが
マインドフルネスという
心の整え方の本に上記のことが書いてあり、とても納得した。

だからこそ、
何かしらのことをするときに
深く深呼吸して、リラックスモードにするというのは
いろんな場面でもあることだろう。

まず、深呼吸を何度かしてリラックス状態になってから
その後にバナナをイメージする

五感をフルに活用し、
私は、家にあったバナナを思い出し、映像として再現した。
嗅覚、味覚、味わってる間、皮を剥く間の音 バナナの触った感触

毎日ヨーグルトに入れて食べているので
その味も思い出しながら。
本の中では5分という時間であったが
3分もしただろうか。

しかし、その日は、お昼3時も過ぎており
家には買ってきたバナナ。
もう、バナナを引き寄せるチャンスはないと思っていた。
さらに、本の中では、
自分で積極的にバナナを求める行為はしてはいけないと言う。

つまり、引き寄せるのだ。
相手からやってくるという法則なのだ。

一週間から二週間の間待ちましょうというので
気長に待つことにした。

夕方、普段見たことないテレビ番組を見ていた。
すると、CMが流れ、
変なおじさんが、
スーパーでバナナを買い物籠に入れるという映像が流れた。

バナナを意識していた私の脳は、
それに反応した。

生のバナナではないが、映像としてのバナナがそこにあった。

次に違うテレビ番組でも
何かを表現するとき、「バナナみたいだ」という言葉が流れ
それにも反応した。

脳は、バナナを5感を使って求めて引き寄せているのだ。
好き嫌いということを越えて、ただバナナを引き寄せる

それでも最初にみたCMの内容も全く覚えていず
いったい、どんなものだったか?と思い出そうとしていると
また、そのCMが流れ
宝くじのCMだと理解できた。

イメージしてから三時間ほどの中で
バナナを引き寄せたことは間違いなく、
これは、誰にでも出来る引き寄せだと知った。

さて、では、なぜバナナか?
これがメロンなど高価なものであれば
脳が無意識にそんな高いものなど無理だと否定するからだという。

どうでもいいような
ラフな気持ちにさせるバナナ
それこそリラックスした状態で落とし込める引き寄せの実験だった。

... 2018 / 09 / 12 (WED)


[back]