Tinypath〜日々書き綴る

Home / Top / How to / Admin

平成もあと1年となった。

もう少しで終わる平成。
その表現方法に
つまり、
タイムリミットがあるということに
最初は、ピンとこなかった。

あ〜、平成天皇が、退位する日は決まっているのだ。
テレビで流れるそれを見て思った。

昭和から平成。
平成も30年も経ってしまい
若者はすべて平成生まれということか
そして、また新たな和暦が生まれ、世代が生まれる。

この30年間に何があったのかというテレビの企画だったが、
来年の今日で平成は終わる。

当時の官房長官 小渕氏が
平成という漢字を掲げたとき、
ずっと昭和に親しんでいたせいか、違和感があった。
しかし、今では、この平成という和暦が気に入っている。

そこには、現在の天皇陛下、皇后様の
国民と共に寄り添った歩みがあったからではないのかな。

昭和という時期は、戦争という悲しみが
平成という時期は、震災という悲しみが
その両方の悲しみを受け止めてくださった。

私利私欲のない思いで、国民に向かうということ。

さて、国際社会はどうなっているか
北朝鮮の態度の軟化は、何を意味しているのだろう?
今にもミサイルが飛んできそうな
物騒な去年の秋に
現在の未来が見えていただろうか?

皆が一斉に戦争に向かっての危惧をしていた。

北朝鮮が本当の意味で平和に向かっていくならば、
素晴らしいことであるが、
そうそう、楽観視は出来ないのが現状だ。

まずは、拉致問題解決なのでは?
長い間の日本の悲しみである。







... 2018 / 04 / 30 (MON)


[back]