Tinypath〜日々書き綴る

Home / Top / How to / Admin

野球を与えくださいました神様に感謝します

希望の党と民進党が
一緒になるらしく、その名前が国民民主党になったようだ。

去年のあの選挙は何だったのだろう?
民進党の希望者すべての受け皿になることを拒否した形での
希望の党結成。

それを受けて、
民進党には 立憲民主党という新しい流れが出来た。

つまり、民進党の中で
二つの方向性があったのを無理やり
一つにしていたものだから、
右往左往、にっちもさっちもいかない党で
何にも出来ない党だったから、
それがくっきり分かれたということなのか。

しかし、希望の党に入れなかった民進党議員が
一緒になって、一つの党を作るというのは、
元の木阿弥というか、
また、分裂を繰り返すのではないか。

引っ付いたり、離れたり
一緒になったり、別れたり、
いったい、理念はどこにあるのだろう?

希望の党を作った小池さんや若狭さんは
とっくに手を引いているが、
彼らは、今の状態をどう思っているのか?

小池さんに限っては、
東国原さんが、国政に関しては、もう無理のようなことを
あの選挙時におっしゃっていたが、
何がどう転がって
また、チャンスがやってくるのか
人の人生はわからないものである。

私は、小池さんにはまだツキがあるのではないか?と思っている。
それは、希望の党が出来た後に
それ以上深入りをしなかったからだ。
とことん、のめりこむわけでもなく
彼女には、都知事という保険があったからだ。

東京オリンピックが、成功した時の
皆さんのムードはどうなるのか?

彼女の業績は、輝くのか?

人生は死ぬまでわからない。

さて、鉄人衣笠氏が亡くなった。
まだお若いという思いであるが、
彼が前人未踏の大記録を打ち立てたときのスピーチが
テレビで流れた。

その言葉に
彼が鉄人であり、
皆にすばらしい人だったといわれる所以を見つけた感じがした。

「私に野球を与えくださいました神様に感謝します」

生というものを謙虚に
自分の人生を全うされた方なのだと思った。

ウィキを見ると
彼が米軍基地で仲良くなった兵士と遊んでいるとき
「明日ベトナムに行くんだ」と告げられたときに
大きなショックを受け、それまでの自分の行動を回心し
野球に真剣に取り組み始めたと書いてあった。

もしかして、それが彼が鉄人に向かっての原点なのかもしれない。

生きている事自体、神に感謝であり
野球を与えてくれた神に
また、彼は感謝した。

どうか永遠の安息がありますように

... 2018 / 04 / 25 (WED)


[back]