Tinypath〜日々書き綴る

Home / Top / How to / Admin

老いて知ることが多すぎる

大阪で、食事を取ったとき
すこし、魚介の匂いが気になった。
生で食したので、不安を持ちながら帰って来たが
昨日、発疹というか、
かゆみを伴うかんじの吹き出物が
たくさん出ているのに気がついた。

いろんなことが重なって、
免疫力が落ちているのだろう
今朝も食欲がなく、
いつもの倍の時間をかけて、食べきった。

安全、安泰というものから
一歩出るとき、
若い頃には、ケセラセラで終わっていたところが
年を重ねるとそうもいかないというのが
今回つくづくわかったということか。

そういえば、6年前
天王寺へ引越しするときも
私は不動産屋と話をしているとき
浦島太郎状態の自分にきがついた。
世間はそんなに甘くはなく
それ相応の犠牲が必要だと知ったのである。

すっかり、また忘れていたので、ショックは大きく
物事に向かっていく目に見えないパワーは、
年とともにこんなにも無くなっていくものなのか

昨日は、天王寺で契約したところをもう一度見直し、
再度、物件を選んだ。
これでよかったのか。

いや、これでよかったと自分を肯定しなければならない。

私は、ついつい自暴自棄になり
人生自身も放棄したくなる気持ちに陥りがちになる

「それでも人生にイエスと言う」
この本の中で、
自殺をする人は、
突然、ちゃぶ台をひっくり返すようなもの
チェス盤をひっくりかえすようなものだと比喩しているが
その言葉を自分に言い聞かせる。

来月の今頃は、大阪に住んでいるのだから。



... 2018 / 04 / 18 (WED)


[back]