Tinypath〜日々書き綴る

Home / Top / How to / Admin

Wind beneath my wind

天気が続く
桜の開花が、一足飛びに進んでいく。

昨日は、送別会に参加した。
給料日であり花金であり、
また、そういった季節であり
その場所までの交通は、渋滞した。
普段の二倍の時間がかかり、ギリギリに到着すれば
もう、皆 席についていた。

今まで何度かこういった会に参加しているが
今回ほど楽しいことはなかった。
アルコールなど飲むつもりもなかったのに
初めて、この場を楽しもうとお酒を注文した。

雰囲気というのは大切だ。
きっと席順を考えてくれた彼のおかげなのかもしれない。

話題を内輪だけで終わらせないように
お世話になっている協力会社の方と向き合う形で
会話を楽しむ工夫があったのだろう。

気を使うポイントが違う。
対外的に和やかで、お互いを尊重し合うような
そんな中での
誰かのおどけは、気が利いている。

では、こちらもノッて行くしかないのだ。

今朝は、「さわこの朝」という番組で
浅田真央ちゃんの大切な曲の一つを知った。
その歌声と歌詞を見ると
私は自然に感動してしまった。

彼女の思う先のこと、思う先の人
私が思う先の事 思う先の人

そして、もっと先に思い巡らす人と人との関係
その歌の鋳型は、自由自在に色んなドラマを作ってくれる。

ベッドミドラーの歌
「Wind beneath my wind」
~~~~
It must have been cold there in my shadow,
To never have sunlight on your face
you were content to let me shine
that's your way
You always walked a step behind


私の陰であなたは寒かったでしょうね
顔に太陽が当たることは決してなかったわね
あなたは 私を輝かせることで満足していたわ
それが あなたのやり方
あなたはいつも私の後ろを歩いてくれた

〜〜〜〜〜〜〜〜

人は一人で生きられず、誰かが支えてくれている

... 2018 / 03 / 24 (SAT)


[back]