[掲示板へ戻る] [ラスト▼]

音楽が頭に残ってる映画

[1] private - 2004/06/05 19:51 No.48

■48.jpg - (24 KB)

ストリートオブファイヤ〜

ダイアレイン主演の映画です。
彼女は、子役の頃からずっと地道にがんばっていますね。
小さい頃は、足首が太いのを気にしていました。

この前は、リチャードギアと不倫ものの映画で健在でしたね。

この音楽は、日本でも日本語で椎名恵が歌っていました。
確か「今夜は青春」だったと思います。
ドラマの主題歌にもなっていました。

この音楽好きで、今でも聞くと元気が出ます。

ストリートのあの風景が頭の中によみがえります。

[2] private - 2004/06/05 20:16 No.49

■49.jpg - (7 KB)

パピヨン〜〜〜〜〜
私が劇場で見て感動し、母に伝えた映画で彼女もテレビで見ました。

今は亡きスティーブマックイーン扮する彼は、パピヨン(蝶の)の刺青をしていることから、そうよばれます。。
そして相棒ドガをダスティンホフマンが好演。

無実の罪で流された島からの脱出を試み、ついに脱出できるパピヨンと島で平和に暮らすことを選択するドガ。。

実話からの映画だそうですが、

あの音楽は、今でもいつでも頭に浮かんできます。。

パピヨンはなぜあそこまでして脱走を企てたのでしょう。。

その後ショーシャンクの空に などという同じような脱走の映画はありますが、私には感動を受けることが出来ませんでした。。

パピヨンとドガの友情と生きる道の違いと悲しさ。。。
それをあらわす音楽。。。 そう思うと。。。ごめんなさい。
ショーシャンクを指示する方が多いのですが、まだ私には理解できません。

[3] Dr.デュランデュラン - 2004/06/05 20:18 No.50
「ストリート・オブ・ファイヤー」

( ̄▽ ̄;)わたしは、サントラのCDをゲトしました。(⌒_⌒)

1960年?くらいの仮想の街が舞台でしたが、なかなかの青春ものの力作と言えるでしょうか。
 ラスト近くで黒人グループが唄う(設定になっている、実際は白人歌手のもの)曲が、あとから聞いてみると、実に(・∀・)イイ!ヨン。
「ソ・サーラ」っていう曲はそこそこかの地でもヒットしたみたいです。(伝聞)

[4] Dr.デュランデュラン - 2004/06/05 20:29 No.51

■51.gif - (10 KB)

「サスペリア」・・・・ 『鮮血の耽美主義』『殺人の偏執美学』と勝手に私は呼んでる監督さんの作品。ダリオ・アルジェント監督の名を世界に知らしめた傑作作品ですが、音楽が秀逸です。音楽は「ゴブリン」というグループ(プログレシブ・ロックの分野だそうです)を起用することが多かったのですが、この作品での音楽は最高です。彼は「ゴブリン」を、プロデュース作品(欧州配給の元締めでもある)である「ゾンビ」でも同様に起用してますが、なかなか『音響効果』だけに留まらずに、作品のレベルを上げる事に成功してると言えるでしょう。

[5] private - 2004/06/06 13:35 No.52
今夜は青春をどこで手に入れたのだろう???いつも聞いていました。
サスペリアは、音で成功したのではないでしょうか。
キャッチコピー 「決して一人では見ないでください。」は、かなり流行りましたね。
映画のサントラ盤を買った時、サスペリアの入ってまして、怖くてそれから二度と聞いていません。

サスペリア自身は、続きもでましたが、最初のものだけが良い気がします。

[6] private - 2004/06/06 14:11 No.53

■53.jpg - (97 KB)

パイレーツオブカリビアン〜

この映画は、ジョニーディップの魅力につきるのでは。
アカデミー賞では、候補に上がっていましたね。
彼は人気投票では、今年は2位までなったのではないでしょうか。

映画自体も大人も子供も楽しめる内容で、楽しかった。
海賊同士のやり取りも、ちょっと間抜けなシーンも気軽に楽しめます。エリザベスの持ってる金貨をめぐってハラハラドキドキでした。
しかし、何よりも音楽が頭に残って、離れません。
一日中聞いても飽きませんでした。
The Black Pearl〜ブラックパールが彼のテーマ曲でした。

[7] Dr.デュランデュラン - 2004/06/06 20:35 No.54

■54.jpg - (46 KB)

「ブレードランナー」 
 ラストのテーマ曲がいいです。「いいです」というのは、私自身が『公開された当時のバージョン』を観て過ごし、同じバージョンの「輸入ビデオ」で永年過ごしたからです。

つまり、「公開版」と言われる『ハリソン=フォードのナレーション』と『一応ハッピー?』エンドのエンドクレジットに有名な曲がかかるのです。実にいいラストだったと、私は思っています。『レイチェルは例外(なレプリカント)で、寿命を決められていない。いつまで生きられるのかは、わからない。・・それは皆(どの人間も)同じだ・・・・』というナレーション(σ(^◇^;)の記憶による)と、森を駆け抜けていく2人の乗った車、このラストがいいのです。(監督の本意ではない模様)

この曲は「RX−7 2代目」と、最近でも、トヨタ車のCMに使われてました。

ルトガー・ハウアーとハリソン・フォードの出世作となりましたが、「トリビア的」「カルト的」に扱われることが多い大傑作ですね。

[8] Dr.デュランデュラン - 2004/06/06 20:49 No.55

■55.jpg - (17 KB)

「タクシー・ドライバー」

大都会ニューヨークの光と闇を描きながら、『都会にひっそりと住む』孤独な現代人の『暴力衝動』『理由なき焦躁感』を描いた話題作でした。マーティン・スコセッシ監督、デ・ニーロさん、ジョディー・フォスターさんが、一気にスターダムに登り詰めた作品となりました。
 *ひそかに「スモーク」のハーヴェイ・カイテルさんも出てるぜい!!(ポン引き役)*

バーナード・ハ−マンのテーマ曲は実に「深夜ニューヨークを走らせるイエローキャブ」にあってるセンスのいいテーマ曲でした。

[9] Dr.デュランデュラン - 2004/06/07 20:14 No.56

■56.jpg - (15 KB)

「シェルブールの雨傘」  ミシェル・ルグランの曲が最高。

 σ(^◇^;)が若い頃けっこう、NHKあたりでよく放映されていました。台詞が全部唄ってのも、そこそこ仏語があっているので、まあいいんでは?でした。
 若い頃観た時と、ごく最近再見した時には、そんなに印象はかわりませんでしたが、『いわゆる悲劇でありながら、登場しているキャストが皆、心優しい人』で、心が休まりました。
 主人公の2人が「若い時の燃え上がる恋」を経て、『愛情に誠実に応えてくれる』伴侶をえたことが、何か『実際の人生』にあてはまる気がしたのです。
 『すれ違いから起こった悲劇と、それを経験してからの幸せな人生・・』って感じが初見の頃(高校生だったかな?)からの感想で、その事は再見する事で『より強い思い』となりました。

「お腹の大きな女性」をそれでも喜んで妻に迎えた裕福な御主人。「心の痛手から、精神的に立ち直る」のを側にいて助けてくれた妻。
 この2組の夫婦は「幸せを噛み締めて生きているのだろうな・・・・」
でも、ラストはやっぱり何か悲しい気がしました・・・・。何でかな????(; ̄▽ ̄A 

[10] private - 2004/06/07 20:15 No.57
Dr.デュランデュランさん。。

このタクシードライバーは、私の中でも大切な作品となっています。

デニーロをはじめて知り、ジョディフォスターには、驚き。。
それからこの二人のファンになりました。
ずっと心から離れることは出来ない作品ですね。

デニーロの狂気をなんとなく理由もなく感じた作品です。

[11] private - 2004/06/07 20:19 No.58
なんとなく同時にアップしてたような???
シェルブールの雨傘は、見たことがないのですが。。ミュージカルには、疎いんです。すみません。。
彼女の映画では、 ちょっとこれも悲しかった。。昼顔 が、好きです。。

[12] private - 2004/06/07 20:46 No.59

■59.jpg - (29 KB)

ピアノレッスン〜

私のプロフィールにも書いていますが、ピアノレッスンの中の曲は、マイケルナイマンのピアノです。

ある島へ耳の不自由な子連れの女性エイダが、お嫁にきます。
海岸には、彼女の大切なピアノが放置され、、
そのピアノを運ぶ代わりにハーヴェイ・カイテル扮するベインズは、ピアノレッスンを申し込みます。
彼は、彼女に恋したのです。まったく結婚相手とは違う粗野なハーヴェイ・カイテルですが、、
いつしか二人は愛し合うようになります。。

エイダは、言葉を話すことが出来ませんが、 ピアノの音がすべての彼女の心を表現していました。

強く 弱く 悲しく。。。その時々の心をピアノの音がなんとも言えず伝えてくれるのです。

最後は、ハーヴェイ・カイテルの扮するベインズとハッピーエンドで終わりですが、
こんなにピアノの音が心地よく思ったのはありません。

映画的にも大好きな作品です。

ここにも〜〜〜ハーヴェイ・カイテルサン発見。。

[13] Dr.デュランデュラン - 2004/06/08 22:27 No.60

■60.gif - (20 KB)

「パルプ・フィクション」

う〜む、なんといっても、使ってる音楽が全部いかしてたぜい!!(9 ̄^ ̄)9

メインタイトルが一番好きで、σ(^◇^;)は携帯の呼び出し音に使ってます。「TAXI」でも使用されてましたね。(⌒_⌒)

タランティーノ監督の魅力が爆発した傑作でしょう。
随所で笑いをとってくれるところも(・∀・)イイ!。

[14] private - 2004/06/08 22:59 No.61
ナイス〜♪です。。

タランティーノ監督には、個人的に御礼を言いたい気分ですね。
なかなかいい作品に恵まれなかったトラボルタを救ってくれた気がして。。リチャードギアとは因縁の中で、愛と青春の旅立ちもトラボルタが蹴って、リチャードになったとか。

トラボルタのあのゴリラ顔が大好きであのブルーの目が大好きで、うれしいですね。。

ちなみに、私のチャクメロの中にも好きな音楽、、パイレーツオブカリビアンの中からHe's a Pirate が入っております。。。きゃはあっは。。


[15] Dr.デュランデュラン - 2004/06/09 21:02 No.62
 トラボルタさんの起用を「タラ監督」が決めたのは、「ミッドナイト・クロス」(デ・パルマ監督)を観てからだそうです。?( ̄ロ ̄;)?何で?・・・・。

「パルプ・フィクション」ではユマさんとのツイストのシーンが(・∀・)イイ!でも、ちとお腹が出てた・・・・(少し笑えた)

*チャクメロ・・・・σ(^◇^;)は「スパイダーマン」(エアロ・スミス)も入れてるゼイ!!(9 ̄^ ̄)9

[16] private - 2004/06/09 22:35 No.63

■63.jpg - (35 KB)

トラボルタの起用というのは、過去にも 「プラスチックの中の青春」と言う些細なドラマの中で一瞬の踊り??をみてサタデーフィーバーの主人公に抜擢されたようですよ。。
芸術家の目線と言うのは、やはりたいしたものなのですね。。

スパイダーマン、アメリカじゃあすごい人気コミックですね。。
友人の子供さんも大好きです。。

天国までの百マイル〜

時任三郎と言う人は、何かしら雰囲気を持った人なのでしょうか。。
遠い昔に「海燕ジョーの奇跡」??と言うような映画で彼の存在を知りました。
忘れられない存在感がある。

そして、この 「天国までの百マイル」どうしようもないらちのあかない主人公安男を演じ、 妻役は、羽田美智子、安男の面倒を見てあげる水商売で働く女を大竹しのぶが見事に雰囲気を出しています。

心臓病の母親のために、病院を変えたりする安男は、現実になぜかしらどうしようもないダメ息子ほど母親思いのやさしい面があったりするのをひしひしと感じさせてくれます。

映画自体は、それほど覚えていませんが、藤井フミヤのこの同名の歌のメロディも詩も切なく、、たまりません。
大切な歌として心に刻んでいます。。

もちろん〜〜〜♪ 私の大切なチャクメロどす!

[17] Dr.デュランデュラン - 2004/06/09 23:21 No.64

■64.jpg - (18 KB)

「黒いジャガー」

いかした音楽つうと、これが最高ですな。♪
アイザック・へイズさんの「シャフトのテーマ」は(・∀・)イイ!
リメイクされても、同じヘイズさんが唄ってました。(新バージョンで)

私立探偵ジョン・シャフトが活躍(強過ぎるんだ、これが(--;) マフィア相手でもガンガンやってたよん!)するアクション映画。TVシリーズも出来た模様。

>「プラスチックの中の青春」NHKで放映してたのをσ(^◇^;)は観てるのですが、踊ってる所が印象に残ってないので、やっぱりプロの観る目は違うのでしょう。消防署の方が着るような『無菌服』で『腕立て伏せ合戦』をやってて、心臓の発作を起こした所が記憶にあります。無菌室でトレーニングをけっこうやってて、スポーツが出来る感じ?って設定でしたね。最後は「無菌服」脱いで、ガールフレンドと乗馬してたけど・・・・。

[18] private - 2004/06/11 21:16 No.68

■68.jpg - (13 KB)

スタートレック〜

「船長! それは非論理的ではありませんか!」といつも断言したMr.スポック。

映画の前に 宇宙大作戦と言うテレビシリーズで、スポック(レナードニモイ)の大ファンになりました。
人間のカーク船長とバルカン★人のスポック。ミスターマッコイなど個性ある人たちによって本当に飽きのこないお話が延々と続きます。
ワープなんて本当にうれしい!

スポック役のレナードニモイは、「私はスポックではない」と言う本と スポックであると肯定したものと 二つかいてるはずです。
彼自身は、あまりにも定着したイメージに悩んだのでしょうね。
スパイ大作戦では、カーリーヘヤーで登場でした。

そんなトレッキ−???もどきの私は、オリジナル映画の最初でスポックの殉死を見ました。

彼の死を弔うときの音楽が、至上の愛です。今は、アメイジンググレイスなどと言われておりますが、私が映画をいろいろ教えてもらった人からは、映画南太平洋の中で使われていた音楽だと教えてもらった音楽です。

悲しくバグパイプの音が至上の愛を奏でます。
あくまでも私の中では、至上の愛としてメロディが流れます。
スポック!!永遠にと。。

[19] Dr.デュランデュラン - 2004/06/13 21:38 No.74

■74.gif - (15 KB)

「Mr.BOO」

第1作目が一番さえてましたが、この主題曲のサントラは(・∀・)イイ! 

 後に量産される「香港コメディーアクション」の元となった大ヒット作品ですな。ジャッキー・チェン以前は、ホイ3兄弟の独壇場だったかと・・・・(ホントか??(--;) ??)

末弟のサミュエル・ホイの唄うこの主題曲は日本でも発売されまして、かなり以前に引退した彼のベストヒットCDをσ(^◇^;)はもってるのですが、亜細亜圏(広東語圏)では、「サム」で通る『大物歌手さん』だったようです。>確かに音楽性は非常に高いです。

たまにフジで放映するかも?ですので、お見逃しないように・・。

[20] Dr.デュランデュラン - 2004/06/19 09:22 No.82

■82.jpg - (37 KB)

「スタンド・バイ・ミー」

キングさんの原作の映画化なのですが、まあそこそこノスタルジックな雰囲気をかもしだしてくれた作品です。大人になってから観ると(・∀・)イイ!!です。自分の少年時代を呼び起こしてくれます。「基地ごっこ」とかやったし冒険的なイベントもそこそこあったし・・・・。(昭和の青春にてすまぬ)今の子たちは、「どんな事も、けっこう先が見えているので」おもしろくないかもね、(--;)。

音楽が心に残ってます。(名曲だしね・・・・)

[21] private - 2004/06/19 10:54 No.83

■83.jpg - (58 KB)

確かに、音楽はずっとずっと心に残る名曲だと思います。
キングさんは、いろんなジャンルのものを書けるのですごいと思います。基地ごっこ??? クラブ小屋??的ものでしょうか。。
今の子達に一番大切な感性が、昭和の子供たちの遊びの中にあった気がしますね。。


グローイングアップ〜 

この映画もずっこけ3人組のイスラエルの青春映画です。
笑えて、ちょっと大人になるための男の子たちがかわいくて、、
全編にわたって、オールディーズが流れていますね。


まだ、ロンハワードが監督ではなく、テレビシリーズでハッピーデイズなどに出てくる頃に作られた作品では、ないでしょうか。。

三位一体的発想??オールディーズ、、アメグラ、グローイングアップ、ハッピーデイズ(♪Hallo, sunshine, goodbye rain ♪)

[22] 削除 - 削除

[23] Dr.デュランデュラン - 2004/06/25 19:11 No.99

■99.jpg - (15 KB)

「続・荒野の用心棒」

なんつっても♪「ジャンゴ」のテーマ曲が(・∀・)イイ!!です。はい。カンツオーネ?なのかな?なんか日本人には受ける曲でしたよん。(⌒-⌒)

コルブッチ監督の「泥だらけ」マカロニ・ウエスタンです。フランコ・ネロさんの出世作。冒頭の機関銃を棺おけにいれて主人公が(馬にも乗らずに)現れるシーンがずごく印象的でこの作品の「暗」の部分がより強調されていますね。
 そこにテーマ曲が流れるんですな、( ^ー゜)b 。

かなり明るい雰囲気の「正統派ウェスタン」になれてると、面食らう事間違いなしです。(^_^)
「手をつぶされた主人公」対「軍人くずれのガンマン達」とのラストシーンは最高に盛り上がる作品です。

[24] private - 2004/07/01 21:32 No.108

■108.jpg - (17 KB)

続・荒野の用心棒〜 荒野シリーズはたくさんあったようですね。 フランコネロというとブルーな眼のイメージがあります。本当に深いブルーでした。。
私の覚えているウエスタンは、ジュリアーノジェンマの荒野の一ドル銀貨??でしたっけ?? 銀貨がポケットにあって撃たれずにすんだ映画でした。


デリンジャー  〜

アメリカの犯罪史上に名高いギャング、ジョン・デリンジャーの半生の映画です。ウォーレンオーツがよかった。

俺たちに明日はない と同じく銃撃戦があり、男っぽい映画ですが、音楽がすごくいいです。
デリンジャーの雑草のような素朴さが感じられるようなリズムでした。

[25] private - 2004/08/11 20:39 No.132

■132.jpg - (47 KB)

禁じられた遊び〜

悲しいメロディが頭に残っています。
ストーリーは、孤児の少女のために少年が十字架遊びをすることが父親に見つかり、約束を守らず彼女を憲兵に引き渡す。
少女は、少年ミッシェルを雑踏の中で探し続ける。。
私には、
「ミッシェル ミッシェル」という少女の最後の言葉しか思い出せません。

悲しい悲しい結末でした。
音楽もギターはアルペジオの練習に必ずのっていますね。
切なく聞こえるメロディです。

[26] ja_aj - 2005/04/03 12:57 No.188
デュランさんの挙げてる “シェルブールの雨傘” ってダニエル・リカーリがドヌーヴの吹き替えしてて、それで ja_aj ダニエルさんのCD買った覚えあるでーす♪ σ(^◇^;)
CDは全部スキャットだったけど、シェルブールの雨傘だけ詩がついてて歌ってたー♪ (^◇^)

あと×2 ここで挙がってなかって音楽がよかったのってゆーと、
“太陽がいっぱい” “エデンの東” “ロミオとジュリエット”
“野生のエルザ” “白い恋人達” “明日に向って撃て!”
“夜の訪問者” “ひまわり” “鉄道員” “汚れなき悪戯”
“シェーン” “アラモ” “ライムライト” “道”
“第三の男” “男と女” “卒業” “OK牧場の決斗” ・・・
まだ×2 ありそー・・ (;^_^A

=з=з

[27] private - 2005/04/03 21:56 No.190
ja_aj さん。こんばんわ!
シェルブールの雨傘〜聴いてみたいです。
音楽の効果ってすごいとこの前思っていたんです。
毎日通勤時、ただすれ違うだけの人たちには何の魅力も感じないんですが、音楽を聴きながら歩いていると、まるで映画のシーンのように街と人に色がつくって言う感じになって。。
だから、映画の中の音楽ってやっぱりもっとすごいんだと思いました。
ひまわり〜あたり一面のひまわりと音楽がとっても切なかったです。
野生のエルザの音楽ってどんなのだろう??

[28] Dr.デュランデュラン - 2005/04/03 22:11 No.192
「野性のエルザ」>♪ ボ〜ン・フリー・・ ♪

(^・x・^)y─┛~~~~ 

[29] Dr.デュランデュラン - 2005/05/02 11:03 No.197
(^・x・^)ノ☆

キリン/小岩井純水果汁・無添加野菜のCFで「BORN FREE」(野生のエルザ)が流れてますよん。

[30] private - 2005/05/02 21:43 No.198
ありがとうございます〜〜〜〜〜!
チェックします〜♪


[掲示板へ戻る] [トップ▲]
処理 記事No 削除キー

お名前
E-Mail
コメント
添付File
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色