[掲示板へ戻る] [ラスト▼]

1: Charlie and The Chocolate Factory

[1] private - 2005/12/14 05:43 No.231

■231.jpg - (108 KB)

〜チャーリーとチョコレート工場
子供達を魅了する美味しいチョコレート工場のワンカ氏から5人の子供を工場に招待するという記事が新聞に出る。
その金色の招待券の入ったチョコレートをいろんな形で手に入れた子供達が工場の中へ入っていくと。。
5人の中には、貧しい貧しいけれど、おじいちゃんおばあちゃん4人と仲のいい父親と7人暮らしのチャーリーもいた。

どんどん工場の中に入っていくうちに5人の子供達が次々といろんな目に遭いとうとう最後には、チャーリーだけになる。

特別なプレゼントはチャーリーのものになるのだけど、
結局、チャーリーはワンカ氏のその申し出を断る。
なぜなら、家族が大切だから。家族の愛情が大切だから。。

ワンカ氏の過去のトラウマもところどころに見えて、最後にはチャーリーのアドバイスでワンカ氏は、家族の愛情に包まれる喜びを得るお話でした。

4人の子供達がブラックユーモアーの形で消えていく姿は、日本では考えれらないのかもしれない。
音楽も映像もファンタジーで楽しくあっという間に時間が過ぎていきます。

貧乏なチャーリーからワンカ氏は家族の大切さを教えてもらえたことが良かったかな。

ワンカ氏のお父さんに対するトラウマも解決できました。
親は、いつでも黙って子供のことを思っているものなのですね。
そのワンカ(ジョニーデップ)の父親役があのドラキュラ役のクリストファーリーに懐かしさを覚えました


[掲示板へ戻る] [トップ▲]
処理 記事No 削除キー

お名前
E-Mail
コメント
添付File
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色