[掲示板へ戻る] [ラスト▼]

エビータ〜The choice was mine.

[1] private - 2005/06/05 14:26 No.222

■222.jpg - (16 KB)

♪I could burn with the splendor ♪
♪Of the brightest fire♪
♪Or else I could choose time♪

私生児として生まれたエバが、最終的に大統領夫人にまで上り詰めてる。しかし、30代の若さでなくなるというサンタエビータのお話です。

ミュージカルであり、全編にわたってすべて歌っての台詞です。

彼女の民衆へ向かっての演説をどういう風に捉えるかは、政治の専門家から見れば幼い言葉の羅列に思うかもしれないけれど、実際、皆が求めていることは、とっても簡単な真実。言葉に嘘がないことだと思うので、私はエビータの演説の歌が好きでした。

戸田奈津子さんが好きだといっていた台詞The choice was mine.ここから始まる詩を冒頭に書いたけれど、死を直面した彼女の最後の言葉に泣けました。本当に精一杯生きたエビータ。


[掲示板へ戻る] [トップ▲]
処理 記事No 削除キー

お名前
E-Mail
コメント
添付File
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色