[掲示板へ戻る] [ラスト▼]

面白かった。。映画

[1] private - 2004/05/23 13:31 No.21

■21.jpg - (15 KB)

そう、私がなぜプライベートって言う名前を名乗っているのかといえば、ルーツは、この映画から。。
主人公ベンジャミンは、過保護に甘やかされて育ってきて、結婚初夜に夫が亡くなりひょんなことから軍隊に入っていくのです。
軍隊に入ってもベンジャミン二等兵は、何をやっても泣きべそ状態の愚図でのろまな行動しか出来ない。
あ〜〜自分を見てるようで。。
そんな彼女が一人前の自立した女性に成長するコメディなんですけどね。
いつか、私も立派な二等兵になりますように。。
返事はいつも イエッサー!♪

[2] private - 2004/05/26 21:58 No.26

■26.jpg - (55 KB)

ゴールディーホーンとの出会いは、ファールプレイが最初です。
信じられないギャグの連続、離婚した彼女と刑事が、ギャングといろいろある映画なんだけど、おかしくておかしくて楽しい映画でした。この映画の中でのキュートなゴールディーの装いを真似しました、、
この映画の中で変態??役のダドリムーアは、最高に映画を盛り上げてくれました。。彼のトランクス、、忘れられないな。。

この映画で共演したチェビチェイスと「昔のように」という映画でも共演しました。。。
これも 抱腹絶倒。。
彼女っていくつになってもかわいくてチャーミングで。。。
メグライアンに似てますね。。

ちょっと頭の弱い雰囲気のかわいい女性を演じたら1かな。。

是非是非見てほしい。。
楽しくて面白い映画です。

[3] private - 2004/05/31 21:46 No.32

■32.jpg - (47 KB)

マイクマイヤーズといえば、オースティンパワーズですが、
この「ハネムーンは命がけ」もちょっとしたサスペンス?コメディで大いに笑えました。

“結婚恐怖症”のチャーリーがカフェでバンド演奏をバックに自らの詩を歌うのがまずおかしい。。そんな彼が、肉屋のハリエットに恋します。。しかし、母に見せられた週刊誌の連続殺人鬼の記事はハリエット?疑いたくなるようなことばかりです。

結局、ハネムーン先で、その殺人鬼がハリエットではなく。。。とわかるのですが。。。

あまりにも偶然偶然の一致に、私自身も殺人鬼は、ハリエットかと錯覚してしまいます。。
ハリエットが美しいので、余計笑えてしまいますね。
それにしても、彼の映画は、気楽に楽しいですね。。

[4] Dr.デュランデュラン - 2004/05/31 22:25 No.33

■33.jpg - (28 KB)

 笑えるってことでは「ヤングフランケンシュタイン」ですね。(^-^)  メル・ブルックス監督にジーン・ワイルダーさん(吹き替えは広川さんがベスト)。ゴールデンコンビでしょう(広川さんが加われば、最強かと)。もしTVで放映されるなら、録画決定です!!( ^ー゜)b 。
 「フランケンシュタイン博士」の曾孫が遭遇する、ご先祖様の「研究日誌」。その時ひらめいた「命の研究へのあくなき情熱(ってひらめくなよ)」・・そして、「曾孫フロンコンスタイン博士」は『人造人間』を造り出す・・。
 最初から最後まで、抱腹絶倒で笑えます。もし広川さんの吹き替えで楽しめたら、それは最高でしょう。
 レンタルできるよん。DVDも999円です。
*従者のアイゴールさんの役者さんが最高です。( ̄^ ̄)V

[5] private - 2004/05/31 23:20 No.34
ヤングフランケンシュタインは、面白いらしいですね。。
広川さんの吹き替えなら、、もうそれだけできゃあははは!!って笑えそうです。
こういう感覚の映画が日本にあればよいのですが。。
日本の映画では、笑えるナンセンスな映画が浮かんでこない。。

[6] デュラン@職場 - 2004/06/01 07:42 No.35
 テレビ朝日で「広川さんの吹き替え版」を楽しんだことがありますが、馬鹿おもしろかったっす。( ̄- ̄)ゞ

広川さんは「モンティ・パイソン」シリーズとか「トニー・カーティス主演のコメディー」とかの吹き替えが真骨頂でしょうね。

[7] private - 2004/06/01 22:49 No.36
あの独特のなんチャったりして。。。話し方と声がしっかり頭の中に入っていますね。
アニメのムーミンのスノーク役の声もされていましたが、スノークの風貌にぴったりでした。
今をときめく声優子安さんもあこがれているようですね。
日本人は、テレビなどの吹き替えの声のイメージで本人を認識したりしますので、 声って本当に大切ですね。。

[8] 削除 - 削除

[9] デュラン@職場 - 2004/06/02 09:46 No.38

■38.jpg - (13 KB)

天才の、天才による、庶民の為の映画っつうと、これですね。( ^ー゜)b 
「博士の異常な愛情・・・・」セラーズさんは、いつもシリアスな表情なんですがこれくらい人を笑わせていただける人もおられないでしょうね。この作品はキューブリック監督の鬼才とセラーズさんの天賦の「笑才」が見事にコラボレートした名作ですね。3役をこなしたセラーズさんは、「ストレンジラブ博士」役が一番「のってらした」感じです。

[10] private - 2004/06/02 22:55 No.39

■39.jpg - (8 KB)

ピーターセラーズは、結構若いときに亡くなっちゃいましたね。。
リンフレデリックという最高にきれいな奥さんをもらっていました。。

映画では、ピンクパンサーしか見たことがないのですが。。
かな〜〜〜〜り面白い人ですね。。

そう、、私の家には。。ピンクパンサーが。。。

[11] Dr.デュランデュラン - 2004/06/02 23:26 No.40

■40.gif - (39 KB)

アハハ、セラーズさんは、若い奥さんをもらったのが、最後の「命取り」だったと・・・・(略)

「ピンク・パンサー2」の冒頭のアニメが私の中では最高におもしろく出来上がってました。(^◇^)

[12] private - 2004/06/15 22:19 No.76

■76.jpg - (66 KB)

ママのフィアンセ 結婚に異議あり〜

ファラーフォーセットのママと息子ベンは、父親が出て行ってから二人暮し。。
恋人と長続きしないママを守るために強く生きるベンの前に連邦検事ジャックという新しい恋人が現れ、同居をすることになります。

ジャック役は、チェビーチェイス。
ゴールディーホーンとは、ファールプレイなどで大活躍の俳優さんですね。

ベンの気持ちを動かそうとよきパパになろうと必死の彼は、ベンと一緒にインディアンのクラブに入ります。

雨乞いやインディアン的生活をジャックと同じ悩みを抱えた父子と一緒にするのですが。。
本当に楽しい。 危機一髪な出来事もインディアンクラブで習ったことが役に立ったり、、
ファラーフォーセットは、映画ではあまりパッとしませんでしたがチャーリーズエンジェルの彼女のようにこれは良かった。



[13] private - 2004/06/17 21:25 No.78

■78.jpg - (32 KB)

2001年宇宙の旅〜レスリーニールセン 〜

合衆国大統領がエイリアンに誘拐されクローンにすり替えられた。そこで、ニールセン扮する連邦保安官ディックスに、大統領救出の指令がでます。なんともまあ 面白いの一言。はちゃめちゃで、映画のクライマックスではパリ・オペラ座で捕り物が行われます。
ヒラリー婦人が出たり、マドンナが出たり、、おまけにクリントンのクローンと本物と殴り合い、日本の歌舞伎も出てきて、、
抱腹絶倒!間違いなしです。
クローンもこんな面白い題材でも使えるものなのですね。

朝方ケーブルテレビで見ましたが、ついつい引き込まれ見終えて仕事に行った思い出の作品です

[14] Dr.デュランデュラン - 2004/06/17 23:48 No.79

■79.jpg - (14 KB)

ニ−ルセンさん。
 名作「禁断の惑星」の2枚目隊長さん役でしたが、(ごく最近鑑賞)「裸の銃」シリーズの事を思い出して、『いったいどこでギャグをだすか??』などと(^・x・^;)手に汗を握りました。(^ ^;) そんなあほな。(`Д´)p★(´▼`)」 なんでやねん!

[15] private - 2004/06/18 19:59 No.80
いつも思うのですが、こういうナンセンスな映画は大好きで、どうして日本では、そんな映画が出来ないのかと思ってしまいます。

[16] private - 2004/06/18 20:19 No.81

■81.jpg - (22 KB)

クールラニング〜

本当にあったお話?? オリンピックでジャマイカの選手がボブスレーと言う競技を通して、やればできる!ってことを教えてくれた作品です。
雪なんて見たことないのに、、なんだかがんばる選手たち。
屈託なく楽しめました。

挫折があってもガンバ〜〜〜。。

[17] private - 2004/06/24 22:12 No.97

■97.jpg - (51 KB)

インディー・ジョーンズ魔宮の伝説〜

もう、これはスピルバーグ監督の笑って笑っての作品です。

「Who are you?」と聞かれてた インディが
 インディアナジョーンズ! と答える場面が一番覚えています。

とにかくハラハラどきどき ジェットコースター映画。。

このシリーズはたくさんありますが、後にも先にも私のお気に入りは、これだけです。

[18] Dr.デュランデュラン - 2004/06/25 18:44 No.98
>インディー・ジョーンズ3

監督夫人となったキャプショーさんの「ぼけっぷり」に(≧ω≦)bでしたね。あの子役さんは、たしか浮浪の子を監督が使ったようでしたね。(びっくりするくらいの(・∀・)イイ!!子役さんでしたが)シリーズではいちばんおもしろく出来てた作品かも?ね。(⌒-⌒)

[19] private - 2004/06/30 21:32 No.107

■107.jpg - (37 KB)

摩天楼はバラ色に〜

私が最初にマイケルJフォックスを知った映画でした。
とにかく楽しい。飽きない。。面白い!

本当に簡単な内容で、、
田舎の大学を卒業後、ニューヨークに上京し、大企業に入り込み、なんだかんだと成りすまし、成功を収めるストーリー。男性版シンデレラストーリーですね。

エレベーターのシーンはよく覚えています。。

パーキンソン病は、その後どうなったのでしょうね。。

[20] private - 2004/07/02 21:18 No.109

■109.jpg - (32 KB)

未知との遭遇〜

デビルズ・タワーが、象徴的でしたね。

リチャードドレイファスが、マッシュポテトをフォークでぐさぐさしながら、イメージを作り上げるシーンをよく覚えています。

独特な音階が流れ、私は、すごく感動したのを覚えています。
同時期スターウォーズの方が、流行ったのかもしれませんが、私は見ていません。

この未知との遭遇は、心からドキドキした映画でした。

[21] private - 2004/07/06 21:06 No.113

■113.jpg - (13 KB)

ラリーフリント〜

アメリカのポルノ雑誌 ハスラー の創設者ラリーフリントの半生を描いたものです。

正義と本音と建前と反逆した彼と、彼を支えた妻が素敵でした。
実際頭の弱い彼女のように見えましたが、死ぬまで彼女は彼を決して裏切ることなく、どんな状況下でも味方でした。
最後エイズに侵されて亡くなる彼女をラリーフリントは、献身的に愛していました。

アメリカの国旗の帽子をかぶり法廷に望む姿も覚えていますし、今でも彼は、ロスで健在とか。。

ケーブルで見ましたが、建前なんてなんやねん!っていう生き方がよかったですね。。

[22] 削除 - 削除

[23] private - 2004/07/07 21:23 No.117

■117.jpg - (11 KB)

MASH〜

マッシュと呼ばれる野戦病院でのはちゃめちゃなお話だったように思います。
ちょっとエッチでちょっとブラックでナンセンスで。。
もう一度見たいと思う作品です。

何も考えずこんな風に没頭して笑える映画って言うのは、好きです。

[24] Dr.デュランデュラン - 2004/07/11 00:11 No.121

■121.jpg - (31 KB)

「ファントマ/電光石火」

『世界制服を狙う「変装の名人:怪盗ファントマ(いつも覆面です)」』 VS 『「フランス1いってる警察官」ジューブ警部 & 新聞記者ファンド−ル & 女性記者エレーヌ』の抱腹絶倒のドタバタフランスコメディー、かなりしゃれてます、( ̄▽ ̄) 。(今回はイタリア出張編)

 (ストーリー)相手をいいなりにさせる「テレパシー銃」を開発中の科学者が誘拐された。ファントマのしわざだ。これを手にいれれば世界中の人間をいいなりにできる・・・・。しかし、研究の完成には共同開発者のもうひとりの博士も誘拐しなければいけなかった。フォントマを追うファンド−ル記者は「博士」になりすましてイタリアの学会に出かけてファントマを待つが・・・・。
 本物、記者、ファントマが3つどもえで「誰が誰だか??わからないぞ〜!!」的ドタバタ開始!!(9 ̄^ ̄)9 もう、警部は得意の新兵器で「悪のり」だし、ファントマはエレーヌ記者に「ちょっかいかけたり」、イタリア舞台に笑いの大活劇を展開してくれます。(^◇^)

 このドタバタ作品のいい所は、1:ファントマがいつもシリアスにストイックに「美的な犯罪(血は嫌い)を追求」し、2:ジューブ警部(ルイ・ド・フュネス)が「おちゃらけ」部分をひきうけて『お笑いの新兵器』で007ばり??に活躍し、3:ファンド−ル記者(ジャン・マレー)が「男前ぶりを発揮して、かっこいいアクションでひきつけ、4:エレーヌ役のミレーヌ・ドモンジョさんが、なぜか?いつもノーブラだったり・・・・(--;) (意味不明)と、キャストそれぞれの魅力が『( ・_・)ノ⌒●~* 大爆発!!』しているからですな・・・・。

 今からみると、そのドタバタもテンポがおそいのですが、あきらかにその後の映画(日本映画では、「ルパン三世/カリオストロ・・」)にうまく真似されてるシーンがあったりして、(^-^) です。

以前はよく荻昌弘さんが放映してくれてたんですが、もうレンタルでもゲトできないので、昨日オークションにて入手です。(そのビデオも貴重になってます。)

まあ、なんとも「しゃれた」フランスコメディーです。

[25] private - 2004/07/11 17:59 No.122
話を読んでるだけでも、面白さが伝わりますね。
私、こういうドタバタの面白いもの大好きです。
ルパンは、よく見ました。
映画もテレビも。。 
昔の作品は、完成度の高いものがたくさんありましたね。
 

[26] private - 2005/03/13 21:50 No.177

■177.jpg - (45 KB)

セルラー〜cellular

高校の理科の教師のジェシカが、子供を学校に送ったあと何者かに拉致監禁されてしまいます。
監禁された部屋の電話は壊され、それでも彼女が、線をやっとつなげてみるとライアンという若者の携帯につながります。
それからは、たった一つのラインに救いの望みをつなぐジェシカの危機迫る臨場感が溢れるのですが、所々にライアンの行動にユーモア?が入るので、ドキドキハラハラだけでなく、笑えます。
ガンを持って強盗するにも、、携帯の充電器とか。。

最後の最後のどんでん返しで、ダメなのかなって思ったところでもタイトルどおり携帯電話。。セルラーがすべてのキーワードでした。
携帯の着信音、動画録りなどすべてがいきています!
ちなみに携帯電話は、ノキア。。

救出のあと、ジェシカとライアンの会話。笑えます。

最初と最後のサンタモニカは、この映画の楽しさをロケーションで演出してくれました。


[27] private - 2005/03/21 16:51 No.183

■183.jpg - (40 KB)

セイント〜Saint

小さい頃の孤児院の悲しみの思い出から抜け切れないサイモン。彼は初恋の彼女を目の前で亡くしてしまいました。

そして、大金持ちになるために怪盗になりロシアの石油王の金庫からマイクロチップを奪い、今度は反対に石油王から取引を求められます。

低温核融合の方程式の完成を成し遂げた女性科学者から、それを奪う依頼を受けるのですが、サイモンは本当に彼女に恋をしてしまいます。 小さな頃の忌々しい思いをわかってくれたからです。

変装変装!偽名偽名、、それもすべて聖者セイントより取った名前で彼はやり遂げていきます。

そして、石油王がロシア大統領を失墜させる演説の土壇場で、この低温核融合の発明を逆手にとって石油王の企てを阻止して、ハッピーエンドとなるのですが、楽しい。

科学者役の女優さんがかわいくって、科学以外は何も知らない純情な役があっていました。

[28] private - 2005/05/04 17:03 No.202

■202.jpg - (37 KB)

アフター・ザ・サンセット (AFTER THE SUNSET)

原題なので、日本ではどんな名前で公開するのかなって思います。
キーワードはダイヤモンドなのでダイヤが絡んだタイトルになるのかな??

007のボンド役のピアース・ブロスナンがここでは主人公マックスという大泥棒。
それを追っかけるFBI捜査官がウディ・ハレルソンで、二人のおかしな付き合いをみると共存している関係のようにも見えます。
それでもマックスはあくまでもかっこいい大泥棒。

マックスは、泥棒稼業を引退して、平穏無事にローラーと暮らそうとするのだけど最後の3つ目のダイヤモンドが引退先の島に来たという。。目の前にあることをFBIの彼にほのめかされほっておけないことから始まったストーリー。。

最後にちょっとFBIがどんでん返し。。そして最後の最後にマックス大泥棒が大どんでん返し。カッコイイ!
気を抜いて、ルパン三世気分で味わいたい作品。
ルパンも不二子ちゃんのためならダイヤモンドだって、、そして最後はダイヤももらっちゃうけどね。


[掲示板へ戻る] [トップ▲]
処理 記事No 削除キー

お名前
E-Mail
コメント
添付File
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色