[掲示板へ戻る] [ラスト▼]

ラブストーリー

[1] 伸坊 - 2004/08/14 22:09 No.134

■134.jpg - (4 KB)

privateさん、昨日DVDレンタルでこの韓国映画を観ました。
この映画は昨年大ヒットした『猟奇的な彼女』の監督の新作で今年2月公開されたんだけど、見逃してしまった映画なんです。
映画は女子大生の純愛と30数年前の若かった母親の純愛を同時進行で描かれていて、甘酸っぱい映画かなと思ったらおバカなシーンがあったりベトナム派兵での辛苦もあり見応え充分な映画で、2世代の純愛には嵌ってしまって幾度も涙が出て感動しました。(^^ヾ

privateさん、もし観られていなかったらぜひ観てください。

[2] private - 2004/08/14 22:17 No.135
伸坊さん。紹介ありがとうございます!

ストーリーを聞いて、なんだか「愛のメモリー」という映画を思い出しました。とっても古い映画なんですが、、

ジュヌヴィエーブビジョルドという舌をかみそうな女優さんの映画です。これも母と娘の恋愛が重なり合ったようなお話だった記憶があります。

ラブストーリーという題名が、そのままストレートでいいですね。

[3] Dr.デュランデュラン - 2004/08/15 21:29 No.136
「愛のメモリー」はポール・シュレ−ダ−さんの脚本ですな。

デ・パルマ監督の初期のサスペンスで佳作かと・・。

[4] 伸坊 - 2004/08/15 22:20 No.137
「愛のメモリー」は知らないけど、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルドは「戦争は終わった」や「1000日のアン」の当時からリアルタイムで知っています。(^^ヾ

『ラブストーリー』は代筆のエピソードがあって、「シラノ・ド・ベルジュラック」を僕は思い出しましたよ。それでもこの映画は笑いありシリアスありと心を揺さぶられる作品でした。
また僕自身、ラブストーリーが好きなんですよ。^^

[5] private - 2004/08/16 07:19 No.138
>Dr.デュランデュランさん。
「愛のメモリー」が、デパルマ監督の作品とは、知りませんでした。
「殺しのドレス」 「キャリー」の監督さんが作られていたんですね。どちらも好きな作品です。

> 伸坊さん。
「戦争は終わった」や「1000日のアン」は、知りませんが、「コーマ」というサスペンスものは見ました。

ラブストーリー〜私も大好きです。

[6] private - 2004/08/18 21:09 No.139

■139.jpg - (39 KB)

ユーガットメール〜
メールが来るたび、You've got mail! このひびきがなんとも言えずうれしかった頃、この映画を見ました。

小さな絵本店を切り盛りするメグの宿敵は、大手書店チェーンメーカーの御曹司トムです。
彼女のそんな毎日のストレスをメール交換し、相談に乗ってくれていた相手が、、実は宿敵トムだったというお話ですが、気を張らず楽しく見れたラブストーリです。

実際にちょっと休憩して本を楽しむスペースを持つ本屋さんも増えてきましたが、舞台がそんな居心地のいい本屋さんであり、そんな小粋なセットも良かったんじゃないのかと思います。

[7] private - 2004/09/12 17:10 No.153

■153.jpg - (15 KB)

不滅の恋〜 
ベートヴェンが亡くなり、私の楽譜 財産のすべてを「不滅の恋人」に捧げると遺言に残されていた。
生涯独身で通したべ−ト−ヴェンの「不滅の恋人」とは?
秘書のシントラ−が、最後に彼の望みをかなえてあげたいと「不滅の恋人」探しをするお話です。

一番傷つけた人を一番愛していたんだなと感慨深かったです。
死の間際にベートヴェンと彼女が和解し、病床で筆談で話す場面 「こうあるべきか?」 「こうあるべきよ」は、いろんな意味で彼らの関係を思い涙します。

また、一番傷つけられた彼女がよろこびの歌を聴いて、こんな素敵な曲をかける人を憎むことは出来ないと思ったというところで、彼女はやっぱり彼のことを理解していたんだなとうれしくなりました。

素敵なラブストーリーでした。

[8] private - 2004/10/11 19:16 No.156

■156.jpg - (43 KB)

セレンディピティ〜

ニューヨークのデパートで同じカミシアの手袋を手にしたことから、出会ったジョナサンとミラは、ロマンティックなデートをして別れる。
お互い恋人がいたけれど、忘れられないふたりは“運命の再会”を信じて、再びニューヨークへ。。
ミラの電話番号を書いた古本、ジョナサンの電話番号を書いた5ドル札、
すれ違いながら、、それでも運命を信じて、、

スケート場で出会えて良かった結末です。
運命は信じる??
明日、ムービープラスで放映です。

公開のクリスマスに見ました。

[9] private - 2005/05/07 16:22 No.204

■204.jpg - (54 KB)

Closer〜 男女4人の恋愛交錯物語。
5月の21日から公開されるらしい。
イギリスの戯曲が原作で、、ゴールデングローブ賞もとったようです。

真実と嘘と、、、いったい求めるものは何?本当のことを言うことと嘘でも信じることと何が求めるもの?
最後にジュリアロバーツが選んだ道は、何?
ナタリーポートマン(アリス)が、最後にイギリスではなくアメリカで颯爽と歩くその存在が一番キラキラして見えました。

そんな話の中で唯一笑えたのが、ジュードロウ(ダン)がネットでジュリアロバーツ(アンナ)に成りすましての会話が面白かった。まあ、これが2組のカップルを作るきっかけなんだけれど。
やっぱりネットの世界では、成りすましっているんでしょうか。。
アリス役は、映画レオンのあの少女です。綺麗です。


[10] private - 2005/06/12 16:12 No.223

■223.jpg - (54 KB)

Sweet November〜スイートノベンバー

公開当時からエンヤのメロディーが切なくて見たかった映画を季節外れの6月に見た。
期間限定の11月の恋。。サラは、ガンに侵されていて、毎日を奉仕することで自分の生きる意味を見つけている。
ネルソンは、仕事一筋で、大切な恋人にも離れられていく生活。そんな彼に、不幸なあなたを救えるとサラは言う。。
サラの11月の恋人になったネルソンは、いつしか人生において大切なものを見つけていく。それは、愛であり彼女にプロポーズするのだけど、、サラは受けることが出来なかった。。
彼女は、美しい思い出として彼の永遠のものになりたかった。ラストにいつも二人ではしゃいでしてた目隠し遊びでサラがいなくなるシーンがつらかったです。敢えて、彼女の死を出さないラストでした。

本当にサラがネルソンを好きになり、プロポーズを受け入れたく悩んでいる時に彼女の友達の言う言葉〜期間限定で傷つきあわずに終らす彼女なりの恋の掟に対してのアドバイスの台詞は、良かったです。
「掟を破ってもいいんだよ 恋したんだ 最高じゃないか
人には支配できない事もある」
You know, it's ok to break your own rules, Sara.
You fell in love. That's great.
It may not be according to your master plan, but you can't control everything.
人生って完全じゃないんだもの。

[11] private - 2005/08/21 12:55 No.229

■229.jpg - (42 KB)

One Fine Day〜素晴らしき日
シングルマザーのメラニーとばつイチのジャックが、初めって出会ったその朝は、お互いの子供達を課外授業に向かう船に乗せることが出来なかった最悪の朝。

その日は、二人とも大切な仕事の特別の日である。
ベビーシッターの確保の出来ない二人は、お互いに仕事の合間に子供達の面倒を見ることになる。

気の強いメラニーと少年の心をもつ?ジャックは、惹かれあいながらも喧嘩ばかりの一日が始まって。。
しかし日の終りには、お互いにとって最高のパートナーを見つけた素晴らしき日に変わったというラブストーリーです。

He's got deep,dark chocolate inside of him.
And that he'd like to meet a fish who wasn't afraid of his dark-chocolate layer.
ジャックの娘のマギーが、メラニーとパフェを食べてるシーンでの彼女の言葉。
メラニーがチョコが大好きだというと。。マギーがこういう。
「パパの中には、ビターチョコがあるんだって!チョコが好きな魚に会いたいって!」
子供ながらに直感で感じる大人への好き嫌いを表してる気がしました。出来れば、、パパとうまくいってほしい。。そんな気持ちも。
ジョージクルーニーは甘い感じで、ミシェルファイファーは、母親の気持ちと女としての気持ちを最後に見せてコミカルな雰囲気も良かったと思います。




[掲示板へ戻る] [トップ▲]
処理 記事No 削除キー

お名前
E-Mail
コメント
添付File
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色